読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅Raspnerry PiとVPSに導入したSoftEtherのアップデート作業メモ

Computer Experience raspberry pi VPN 移行

VPNを構成し、自宅(マンションで入っているプロバイダを利用しているためグローバルIPを保持できない)へのアクセスをするためにVPSと自宅ネットワーク内のRaspberry Piの間でブリッジ構成を組んでいます。

構成の概要は下記です。
10.11 SecureNAT 機能を用いた権限不要のリモートアクセス - SoftEther VPN プロジェクト

それぞれ環境を構築した時点でのバージョンは4.12でしたが、RTMのバージョンが4.18となっていましたので、環境のアップデートについて、備忘のため記録を残しておきます。

アップデートする環境

  • VPS
    • OS:Ubuntu Linux Server 12.04
    • CPU:Intel
    • SoftEther Server
  • 自宅Raspberry Pi
    • OS:Raspbian Wheezy(Linux)
    • CPU:ARM EABI
    • SoftEther Bridge
  • 管理用PC
    • OS:Windows10
    • CPU:Intel
    • SoftEther Manager

VPS - SoftEther Server

下記のマニュアルを参考にしますが、rootではなく、一般ユーザと、sudoで作業します。
7.3 Linux へのインストールと初期設定 - SoftEther VPN プロジェクト

環境の停止

$ sudo /etc/init.d/vpnserver stop
Stopping the SoftEther VPN Server service ...
SoftEther VPN Server service has been stopped.

ダウンロード

SoftEther ダウンロード センター

f:id:atauky:20160103095242p:plain

上記の画面からURL取得してwgetでダウンロードします。

$ cd ~/src
$ wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.18-9570-rtm-2015.07.26-tree/Linux/SoftEther_VPN_Server/64bit_-_Intel_x64_or_AMD64/softether-vpnserver-v4.18-9570-rtm-2015.07.26-linux-x64-64bit.tar.gz

構築

一度構築できているからある程度安心です。

$ tar xvfz softether-vpnserver-v4.18-9570-rtm-2015.07.26-linux-x64-64bit.tar.gz
$ cd vpnserver
$ make

現行環境の退避

新環境が動かなかったときに備えて、現行環境を退避します。

$ cd /usr/local
$ sudo mv vpnserver vpnserver-4.12

新環境の設定・設定ファイルの引継ぎ

$ sudo mv ~/src/vpnserver /usr/local
$ sudo chown root:root vpnserver
$ sudo chmod 777 vpnserver
$ cd vpnserver
$ sudo chown root:root *
$ sudo chmod 600 *
$ sudo chmod 700 vpnserver
$ sudo chmod 700 vpncmd
$ cd /usr/local
$ sudo cp -p vpnserver-4.12/vpn_server.config vpnserver/

起動と確認

起動した後、vpnserverプロセスが動作していればOKです。

$ sudo /etc/init.d/vpnserver start
The SoftEther VPN Server service has been started.
$ ps -ef | grep vpnserver | grep -v grep
root      6234     1  0 10:34 ?        00:00:00 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc
root      6235  6234  0 10:34 ?        00:00:00 /usr/local/vpnserver/vpnserver execsvc

Raspberry Pi - SoftEther Bridge

下記のマニュアルを参考にしますが、rootではなく、一般ユーザと、sudoで作業します。
9.3 Linux へのインストールと初期設定 - SoftEther VPN プロジェクト

環境の停止

$ sudo /etc/init.d/vpnbridge stop
Stopping the SoftEther VPN Bridge service ...
SoftEther VPN Bridge service has been stopped.

ダウンロード

SoftEther ダウンロード センター f:id:atauky:20160103110843p:plain

上記の画面からURL取得してwgetでダウンロードします。

$ cd ~/src
$ wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.18-9570-rtm-2015.07.26-tree/Linux/SoftEther_VPN_Bridge/32bit_-_ARM_EABI/softether-vpnbridge-v4.18-9570-rtm-2015.07.26-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz

構築

$ tar xvfz softether-vpnbridge-v4.18-9570-rtm-2015.07.26-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz
$ cd vpnbridge
$ make

現行環境の退避

新環境が動かなかったときに備えて、現行環境を退避します。

$ cd /usr/local
$ sudo mv vpnbridge vpnbridge-4.12

新環境の設定・設定ファイルの引継ぎ

$ sudo mv ~/src/vpnbridge /usr/local
$ sudo chown root:root vpnbridge
$ sudo chmod 777 vpnbridge
$ cd vpnbridge
$ sudo chown root:root *
$ sudo chmod 600 *
$ sudo chmod 700 vpnbridge
$ sudo chmod 700 vpncmd
$ cd /usr/local
$ sudo cp -p vpnbridge-4.12/vpn_bridge.config vpnbridge/

起動と確認

起動した後、vpnbridgeプロセスが動作していればOKです。

$ sudo /etc/init.d/vpnbridge start
The SoftEther VPN Bridge service has been started.
$ ps -ef | grep vpnbridge | grep -v grep
root     19225     1  0 11:25 ?        00:00:00 /usr/local/vpnbridge/vpnbridge execsvc
root     19226 19225  4 11:25 ?        00:00:03 /usr/local/vpnbridge/vpnbridge execsvc

WIndowsPC - SoftEther Manager

ダウンロード

SoftEther ダウンロード センター

f:id:atauky:20160103115558p:plain

インストール

f:id:atauky:20160103115743p:plain

管理ツールのみインストールします。 あとはひたすら「はい」「次へ」で進めます。


更新情報を見ると、セキュリティ関連のアップデートが入っていたりしますので、RTM版が出るタイミングで更新していこうと思います。