読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ、不愉快に思うのか

マクドナルドの行列がアルバイトであった件、大阪だけでなく東京の発売日も同じように行列をアルバイトに作ってもらっていたようです。

 同社によると、関東では初の発売となるため、事前に「熱心なファンに並んでほしい」とマーケティング会社2社に依頼。両社からそれぞれ委託されたイベント会社2社が「イベントスタッフ」としてバイトを集め、11月1日に臨時ショップの渋谷東口店と表参道店で発売する際、開店前からバイトが並んだという。
 客として商品を買い、時給や購入代金はマクドナルド社が負担したという。開店前の時点で表参道店には約500人、渋谷東口店には約50人の行列ができていたという。
 日本マクドナルドコミュニケーション部は「発売日を盛り上げたかった。並んでもらったのはマーケティング手法の一つ。今後は誤解のないよう検討したい」と話す。バイトの人数は明らかにしていない。


asahi.com朝日新聞社):マック、東京2店でもバイト行列 「盛り上げたかった」 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/1226/OSK200812260107.html

なぜ、この話に不愉快に思うのか、自分の中でもはっきりしていなかったのですが、マクドナルドのコメントでわかりました。
普通に買いに来た人のことをなんにも考えてないから、不愉快なんだと。
「マーケティング手法」のせいで、普通に買いに来た人に必要以上に待ち時間をかけさせるなんて、あんまりです。
行列がサクラだという事実を知ったときの、騙された感も尋常ではないでしょう。

この「マーケティング手法」は、もう使えないんだろうなぁ...
行列を見たら、サクラだと思え!をすりこまれてしまいました。