読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa EmacsへのDDSKK, Wanderlustインストールメモ

るびきち著「Emacsテクニックマニュアル」を読んで、いろいろお試し中です。

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

anything, org-modeはぜひ活用できるようになりたいなと思いながら、ちょこちょこいじって。 しかし、そこに至る前に、自分でインストールしたDDSKKなども更新したくなりました。

現在、MacPorts由来のCocoa Emacsを使用しているのですが、よく使うEmacsLispがUnix環境ならばすんなりインストールできるところ、Unix環境ではおなじみの

  • ./configure
  • make
  • sudo make install

ではうまくいかないことがあります。 …というかほとんど。

ここでは、DDSKK、Wanderlustのインストールを通じて思い出したこと忘れてしまわないように、今後の自分の作業ためにメモしておきます。 ポイントはelispのインストール先とEmacsはなんであるかを明示するということです。

参考URL: SKK(ddskk)を入れてみた - すぎゃーんメモ
http://d.hatena.ne.jp/sugyan/20100819/1282181852

環境

~/src

各種EmacsLispのソース置き場です。 tarの展開、cvsのチェックアウトはこちらで実行します。

~/.emacs.d

配下に起動時に呼ばれるinit.elがあります。

~/.emacs.d/lisp

Unix環境でいうところの/usr/share/emacs/site-lispに当たる場所とします。 subdirs.elも配置しておきます。 並列で~/.emacs.d/infoにinfoファイルをなるべく配置するようにします。

日本語入力 DDSKK

APEL

SKK(ddskk)を入れてみた - すぎゃーんメモ http://d.hatena.ne.jp/sugyan/20100819/1282181852 を参考にしました。

ddskk動作のために必要なパッケージAPELを先にインストールします。 インストール先は、~/.emacs.d/lisp とします。

$ cd ~/src
$ curl -O "http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/apel/apel-10.8.tar.gz"
$ tar zxvf apel-10.8.tar.gz
$ cd apel-10.8
$ make install EMACS=/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs PREFIX=$HOME/.emacs.d LISPDIR=$HOME/.emacs.d/lisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=$HOME/.emacs.d/lisp

DDSKK

$ cd ~/src
$ curl -O "http://openlab.ring.gr.jp/skk/maintrunk/ddskk-14.0.91.tar.gz"
$ tar zxvf ddskk-14.0.91.tar.gz
$ cd ddskk-14.0.91
$ emacsclient SKK-CFG

SKK-CFGはインストール用設定ファイルです。以下の要領で編集します。 SKK辞書はAquaSKKと共用しているので、SKK_SET_JISYOは不要。

(setq SKK_DATADIR "~/.emacs.d/etc/skk")          
(setq SKK_INFODIR "~/.emacs.d/info")             
(setq SKK_LISPDIR "~/.emacs.d/lisp/skk")     
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/lisp/apel") 
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/lisp/emu")

そしてインストール。

$ make install EMACS=/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs

add-to-listでload-pathを明示的に指定するのがポイント。 これがないと、Cannot open load file: installと言われてインストールできません。

メールクライアント Wanderlust

FLIM・SEMI

CVSから落としてきました。

$ cd ~/src
$ cvs -d :pserver:anonymous@cvs.m17n.org:/cvs/root login 
CVS password: [return]
$ cvs -z9 -d :pserver:anonymous@cvs.m17n.org:/cvs/root checkout -r flim-1_14 -d flim-1.14 flim
$ cvs -z9 -d :pserver:anonymous@cvs.m17n.org:/cvs/root checkout -r semi-1_14 -d semi-1.14 semi
$ cd flim-1.14
$ make install EMACS=/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs PREFIX=~/.emacs.d LISPDIR=~/.emacs.d/lisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/lisp
$ cd ../semi-1.14
$ make install EMACS=/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs PREFIX=~/.emacs.d LISPDIR=~/.emacs.d/lisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/lisp

Wanderlust

$ cd ~/src
$ cvs -d :pserver:anonymous@cvs.m17n.org:/cvs/root checkout wanderlust
$ cd wanderlust
$ emacsclient WL-CFG

そしてWL-CFGを…

(setq load-path (append
         (list "~/.emacs.d/lisp/apel"
               "~/.emacs.d/lisp/flim"
               "~/.emacs.d/lisp/semi")
         load-path))

(setq wl-install-utils t)
(setq WL_PREFIX "~/.emacs.d/lisp/wl")    ; default is "wl"
(setq ELMO_PREFIX "~/.emacs.d/lisp/wl")  ; default is "wl"

と編集して保存したら…

$ sudo make install EMACS=/Applications/MacPorts/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs PREFIX=~/.emacs.d LISPDIR=~/.emacs.d/lisp VERSION_SPECIFIC_LISPDIR=~/.emacs.d/lisp
$ make install-info

.emacsに記載する設定については…過去の記事を参考に。