読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレがうつになりかけまして?

ad Column Experience コミュニケーション 仕事 生活 組織 考え

本当にうつになりかけだったかはよくわかりませんが、人間余裕がなくなるといけないですね。 今年に入ってから、自分でもチャレンジだと思う仕事に取り組んでいるわけなんですけど、ここ3ヶ月くらいはかなり精神的にも追い詰められていたんだなあ、と少し快復して感じるようになりました。

青空の鉄塔

精神的に追い詰められていた理由は、自分の悩みをぶつけても、組織上の自分の報告ラインの人が解決の方向に向かうアクションをとるように仕向けられなかったことだと思っています。(あと1年たってもっと冷静に振り返られるようになればまた違った理由になっているかもしれませんが)

いや、何もしてくれなかったわけではなかったんです。 ただ「してくれた」のが自分のした分析とは違う、解決にはつながらない方策だったので、つらかったんです。 今は、やっと自分の望みがかなって、自分の悩みを共有して、いっしょに行動してくれる人がそばについてくれるようになったので、少し楽になりました。

今後、自分が同じような状態に陥ったときに備えて、精神的に追い詰められた自分の変化を書きとめておきたいと思います。

仕事中

「楽しくなさそう」と言われる

以前の自分は、はたから見ると楽しそうに仕事をこなしていたらしいのですが、追い詰められた時期の自分は、まったく楽しそうではなかったそうです。何をもって楽しくなさそうと判断しているのかは、人それぞれですが、とにかく以前の自分とは違うということは確かなようでした。

人と話すのがおっくうになる

あくまで仕事中のはなしです。 同僚と話すのがおっくうになり、お客さまからかかってきた電話も怖くて出られなくなりました。 リーダーポジションで、人と人をつなぐのが役割の自分なのに、コミュニケーションを取ることがイヤになってしまうなんて、チームが機能しなくなってしまいますよね。

怒りっぽくなる

以前の私は、仕事中に怒るということをほとんどしてきませんでした。 だって、怒ってもあまりいいことはありませんからね。 話して、自分の言っていることを理解してもらって、自分が望む行動をしてもらうというやりかたでした。

しかし、時間もないなかで、いっこうに言うことを理解せずに行動する人を前にした私は違いました。 怒りに身をゆだねてしまったのです。 以降はその人に対してほぼ怒りっぱなしでした。 今もその人は、言うことをなかなか理解してくれませんが、苦笑してやりすごすことができるようになっています。

泣く

最初はトイレの個室にこもって泣いていたのですが、ある日会議中に人前で泣いてしまいました。 喜怒哀楽のうち、怒と哀が極めて強く表に出てしまうような状況でした。 でも泣いた結果、やっと私の考えが通じて、望みどおりの人をつけてもらい回復のきっかけをつかむことができたので、よかったのだと思うようにしています。

手帳を書かない

A5システム手帳と、身に付けるサイズの手帳をそれぞれ使用していたのですが、その情報更新がおろそかになりました。 この経験は実は2度目です。1度目のときも、同じように仕事が忙しいときでした。 前回は忙しくて疎かになったので、それ以来、第一優先事項としてこの作業をしていたのですが、仕事で求められている役割が変わったため、今までの手帳更新スタイルとは変える必要があることに今は気がついています。 こちらについては、来年の手帳構成を考える上で重要な事項だと思うので、もう少し考えを練りたいと考えています。

通勤・帰宅中

本を読まなくなる

私は電車通勤で、電車にのっている時間は片道だいたい1時間30分くらいありました。 去年までは、その時間で本を読んでいました。新書やら小説やらいろいろでしたが、とにかく本を読んでいました。 月に10冊くらいのペースです。 (おかげで妻によく怒られていましたが)

でも今年に入ってから買った本は、10月に至るまでで、たったの12冊。 ほぼ10分の1のペースになりました。

本を読むだけの集中力が欠けてしまっているんですね。

ゲームもしなくなる

同様に通勤時間はゲームタイムだったわけですが、こちらもほとんどしなくなってしまいました。 ポケモン進められてないです。

なんだかんだ、ゲームするにも集中力が問われるわけですが、本を読むのと同様、携帯ゲーム機を開くことさえ面倒になってしまいました。

寝過す

では、その電車内の時間を何をして過しているかというと、寝ていました。 そしてちょくちょく寝過してしまうわけです。 寝過した結果終電もなくなってしまい、やらずもがなのタクシー帰りということもありました。

自宅

寝つけない

電車でも寝てしまっているせいか、平日3時就寝、6時起床のリズムになっていました。 当然これでは体力の回復もままなりません。

休日にまとめて寝るスタイルが定着しましたが、まとめ寝ってあまり効果ないですよね…

外出が面倒

その結果、休日に外出するのが面倒になってしまいました。 疲れてもいるのでますますその傾向に拍車がかかる次第でした。

湯船につからなくなる

帰宅しても時間があまりないので、ゆったり湯船につかるということもしなくなりました。 アロマをすこしたらした湯船に半身浴して本を読んだりして…ということを久しくしていませんでした。 自分のなかで半身浴が重要なストレス解消方法だったのだなと、あらためて感じる次第です。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)


冒頭に書いたとおり、今は少し回復していますので、振り返ってこのようなエントリを上げられるまでになりました。 こうやって整理してみると、仕事をきっかけに負の連鎖に思い切りはまっていたんだなと思います。

チャレンジングな仕事はまだあと半年残っていますが、なんとか乗り切れるようにほどほどがんばりたいと思います。