読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

markdown-modeをEmacsにインストール

markdown-mode

個人用のメモにはwikiクローンのhikiを使っていたのですが、

  • スマートフォンからアクセスした際に編集がめんどくさい
  • インターネットアクセスする方法が必須
  • hikiに書きためたネタをブログに持ってくるのも手間

という問題をかかえていました。 しかしながら、これらの問題もmarkdownを用いれば

  • Android, iOSからはmarkdown対応、Dropbox同期のテキストエディタで編集
  • MacからはEmacsのmarkdown-modeで編集、htmlに変換して出力

ということで解決ができそうです。 俄然やる気が湧いてきましたので、早速Emacsに環境を構築しました。

markdownをbrewでインストールする

homebrewでmarkdownコマンドが提供されているのでインストールします。

$ brew install markdown

markdown-modeをインストールする

install-elispがコメントアウトされている行の末尾でC-c C-eすればインストールできます。 拡張子mdのファイルを開くと、markdown-modeになるようにします。

;; markdown-mode
;; (install-elisp "http://jblevins.org/git/markdown-mode.git/plain/markdown-mode.el")
(autoload 'markdown-mode "markdown-mode.el" "Major mode for editing Markdown files" t)
(setq auto-mode-alist 
      (cons 
       '("\.md" . markdown-mode) 
       auto-mode-alist))
;; markdownコマンドはhomebrewでインストールしたものを利用する
(setq markdown-command "/usr/local/bin/markdown")
<p>というわけで、このファイルもmarkdownを使って記述したものをhtml変換してブログに投稿します。
ブログに投稿しないでDropboxにmarkdown形式のファイルを置いておくだけで、ブログ風に表示してくれる<a href="http://scriptogr.am/">scriptogr.am</a>のようなサービスもあります。</p>


Takuya Y. on scriptogr.am
<a href="http://scriptogr.am/atauky" title="Takuya Y. on scriptogr.am">http://scriptogr.am/atauky</a>

<hr />

<p>参考URL</p>

<p>Emacsのmarkdown-modeを使ってみる : フクロウの雪かき (beta) 
<a href="http://blog.s-amemiya.com/development/emacs%E3%81%AEmarkdown-mode%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/">http://blog.s-amemiya.com/development/emacs%E3%81%AEmarkdown-mode%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/</a></p>

[asin:4774143278:detail]