読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntuでも複数辞書を扱えるSKKサーバ

Windows XPでは複数辞書をまとめて取り扱えるSKKサーバ、wceSKKSERVを使用しています。 Ubuntuでも同じような運用をしてみたいと思いましたので、skksearchを導入しました。

skksearchを導入

sudo apt-get install skksearch

/etc/inetd.confの編集〜inetdの再起動

man skksearch の記述に従って...

skkserv    stream  tcp nowait  nobody  /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/skksearch -c /etc/skksearch.conf

ちなみに、man skksearch、設定ファイルの名前がtypoってます。(^^;

$ sudo /etc/init.d/openbsd-inetd restart

下のメッセージが出ればOK.

 * Restarting internet superserver inetd                                 [ OK ] 

複数辞書の登録

Windows XPでは、L辞書、地名辞書、人名辞書を使っていましたので、同様の構成となるようにします。

辞書のCDB化

辞書は、/usr/share/skk配下にあります。 skksearchは、CDB形式のファイルを扱えるので、元のSKK辞書を変換して使います。 すでに、SKK-JISYO.L.cdbは作成されていて、SKK-JISYO.cdbにリンクされているので特に作業しません。

$ sudo skk2cdb SKK-JISYO.geo SKK-JISYO.geo.cdb
$ sudo skk2cdb SKK-JISYO.jinmei SKK-JISYO.jinmei.cdb

設定ファイルへの登録

続けて、設定ファイルに登録します。

$ sudo vi /etc/skksearch.conf

として...

# type:file
cdb:/usr/share/skk/SKK-JISYO.cdb
cdb:/usr/share/skk/SKK-JISYO.geo.cdb
cdb:/usr/share/skk/SKK-JISYO.jinmei.cdb

という具合に新しく作ったCDB形式のファイルを設定します。

設定ファイルの反映(inetd再起動)

$ sudo /etc/init.d/openbsd-inetd stop
$ sudo /etc/init.d/openbsd-inetd start

を実行すればskksearchが新しい辞書を読みます。

これで、EmacsのDDSKKとX windowSKK実装とで共通の辞書を使う準備ができました。 次に、scim-skkから、uim-skkの乗り換えをしたいと思います。