読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uim-skkの導入

scim-skkですと、かな変換ルールの変更ができないようなので、ブログでの文字入力の際にちょっとストレスでした。

  • z+[ → 「
  • z+] → 」

にしたり、ちょっとした自分ルールがあるのですが、それが適用できないのです

uim-skkであれば、変更がきく上、補完入力など魅力的な機能もあるようなので乗り換えることにしました。

uim-skkのインストール

$ sudo apt-get install uim uim-skk uim-xim
$ sudo update-alternatives --config xinput-ja_JP
`xinput-ja_JP' を提供する 8 個の alternatives があります。

  選択肢       alternative
-----------------------------------------------
*         1    /etc/X11/xinit/xinput.d/scim
          2    /etc/X11/xinit/xinput.d/scim-immodule
          3    /etc/X11/xinit/xinput.d/scim-bridge
          4    /etc/X11/xinit/xinput.d/skkinput
          5    /etc/X11/xinit/xinput.d/uim
          6    /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-toolbar
          7    /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-systray
          8    /etc/X11/xinit/xinput.d/uim-toolbar-qt

デフォルト[*] のままにするには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 

と聞かれますので、「6」を選びました。

uim-skkの設定

uim-pref-gtkでの設定

こちらで設定できるのは、辞書の設定、変換開始のキー設定などです。 変更したのは、以下のとおり。 「SKK辞書」→「辞書ファイルの代わりにSKKサーバを使用」にチェック 「SKK(高度)」→「Enterキーを単に確定のために使う(egg風の操作)」にチェック

.uimの編集

自分のかな変換ルールを設定します。 ファイルの文字コードEUCにすること。 ベースになる設定は、/usr/share/uim配下のjapanese.scmです。

.uim

(require "japanese.scm")

(define ja-rk-rule
  (append
  '(
    ((("-"). ())("ー" "ー" "ー"))
    (((","). ())("、" "、" "、"))
    ((("."). ())("。" "。" "。"))
    ((("!"). ())("!" "!" "!"))
    ((("""). ())("”" "”" """))
    ((("#"). ())("#" "#" "#"))
    ((("$"). ())("$" "$" "$"))
    ((("%"). ())("%" "%" "%"))
    ((("&"). ())("&" "&" "&"))
    ((("'"). ())("’" "’" "'"))
    ((("("). ())("(" "(" "("))
    (((")"). ())(")" ")" ")"))
    ((("~"). ())("~" "~" "~"))
    ((("="). ())("=" "=" "="))
    ((("^"). ())("^" "^" "^"))
    ((("\"). ())("\" "\" "\"))
    ((("|"). ())("|" "|" "|"))
    ((("`"). ())("‘" "‘" "`"))
    ((("@"). ())("@" "@" "@"))
    ((("{"). ())("{" "{" "{"))
    ((("["). ())("[" "[" "「"))
    ((("+"). ())("+" "+" "+"))
    (((";"). ())(";" ";" ";"))
    ((("*"). ())("*" "*" "*"))
    (((":"). ())(":" ":" ":"))
    ((("}"). ())("}" "}" "}"))
    ((("]"). ())("]" "]" "」"))
    ((("<"). ())("<" "<" "<"))
    (((">"). ())(">" ">" ">"))
    ((("?"). ())("?" "?" "?"))
    ((("/"). ())("/" "/" "/"))    ((("_"). ())("_" "_" "_"))

    ((("z" "k"). ())("↑" "↑" ""))
    ((("z" "j"). ())("↓" "↓" ""))
    ((("z" "h"). ())("←" "←" ""))
    ((("z" "l"). ())("→" "→" ""))
    ((("z" "-"). ())("〜" "〜" ""))
    ((("z" "["). ())("「" "「" "")) ;; ((("z" "["). ())("『" "『" ""))
    ((("z" "]"). ())("」" "」" "")) ;; ((("z" "]"). ())("』" "』" ""))
    ((("z" ","). ())("‥" "‥" ""))
    ((("z" "."). ())("…" "…" ""))
    ((("z" "/"). ())("・" "・" "・"))
    ((("z" "!"). ())("!" "!" "")) ; 追加
    ((("z" "#"). ())("#" "#" "")) ; 追加
    ((("z" "$"). ())("$" "$" "")) ; 追加
    ((("z" "%"). ())("%" "%" "")) ; 追加
    ((("z" "&"). ())("&" "&" "")) ; 追加
    ((("z" "("). ())("(" "(" "")) ; 追加
    ((("z" ")"). ())(")" ")" "")) ; 追加
    ((("z" "="). ())("=" "=" "")) ; 追加
    ((("z" "^"). ())("^" "^" "")) ; 追加
    ((("z" "\"). ())("\" "\" "")) ; 追加
    ((("z" "|"). ())("|" "|" "")) ; 追加

    ((("z" "@"). ())("@" "@" "")) ; 追加
    ((("z" "{"). ())("{" "{" "")) ; 追加
    ((("z" "["). ())("「" "「" "")) ; 追加
    ((("z" "+"). ())("+" "+" "")) ; 追加
    ((("z" ";"). ())(";" ";" "")) ; 追加
    ((("z" "*"). ())("*" "*" "")) ; 追加
    ((("z" ":"). ())(":" ":" "")) ; 追加
    ((("z" "}"). ())("}" "}" "")) ; 追加
    ((("z" "]"). ())("」" "」" "")) ; 追加
    ((("z" "<"). ())("<" "<" "")) ; 追加
    ((("z" ">"). ())(">" ">" "")) ; 追加
    ((("z" "?"). ())("?" "?" "")) ; 追加
    ((("z" "/"). ())("/" "/" "")) ; 追加
    ((("z" "_"). ())("_" "_" "")) ; 追加
    ) 
   ja-rk-rule))