読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「エリート」ってなんだっけ? (権力編)

Column 教育 社会

「エリート」ってなんだっけ? (経済編)の続き

エリートの辞書的定義のうち、英英辞典にあった経済的要素は日本の「学歴エリート」には、それほどあてはまらないことを見てきました。 では、残りの要件「権力、指導的地位」という要素はどうでしょうか。

憲法で定義されている三権ヒエラルキーのトップにあります。 司法、行政、立法です。 1) 司法をつかさどるには、司法試験を突破しなくてはいけません。 2) 行政をつかさどるには、公務員試験を突破しなくてはいけません。ヒエラルキーの頂点は、国家公務員試験I種になります。試験に合格し、採用される必要があります。 3) 立法をつかさどるには、選挙を突破し、議員にならなくてはいけません。

1), 2)については、突破するためにペーパーテストと面接が課されます。 「いい大学」に入学してきた人にとっては、ペーパーテストはおてのものです。

平成19年度旧司法試験第二次試験論文式試験大学別合格者数一覧表 http://web.moj.go.jp/PRESS/071004-1/19ron-univ.html

国家公務員Ⅰ種採用データ http://www.geocities.jp/plus10101/K1-naitei.html


3)については、あまり、学歴・学校歴関係ないような気もしますが、 国会議員の名鑑 ぷぶりすてら - 国会議員を検索してみよう! - http://www.publistella.net/ で、調べてみるとやはり「いい大学」出身者が多いみたいです。

というわけで、三権とも「いい大学」出身者が占める割合が高いですね。 民間たる大企業でもこの「いい大学」出身であることが効く局面があります。 「人脈」です。

以前、銀行では「MOF担」と呼ばれる、大蔵省とのパイプ役をつとめる地位がありました。出世コースとして認識されていたようです。

MOF担 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/MOF%E6%8B%85

ノーパンしゃぶしゃぶ」で過剰接待が話題となりましが、MOF担になるのは、東京大学法学部、経済学部が多かったようです。なにせ大蔵省の官僚になるのは、東京大学出身者が多いですから、知り合い、友達である人物を配置しておいた方が、大蔵省の動向をつかむためにも有利です。

日経新聞のコラム「私の履歴書」でも、学生時代、だれだれと友達だったとかよく書かれていますよね。「おれ、あいつの友達だから」と言って、ビジネス的に難しい話を通してこれるなら、実際、所属する組織にとって役に立つし、出世コースにのって指導的立場に立つこともできるでしょう。

権力保持者、指導的立場にいる人の人脈の相互作用が「学歴エリート」を生む。「学閥」の存在も同様に説明できそうです。「いい大学」に行けば、こうした人脈が築ける可能性があるのは事実だと思います。築けるかどうかは本人次第ですけど。

権力、指導的立場という面では「学歴エリート」のエリートたる所以はありそうです。 辞書的な意味の、「エリート」は以上で終わりです。

ただ、辞書的な定義に表われない「不文律」の要素としてはどうでしょうか。


次は、「精神編」です。