読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 9.04 導入作業 その2

Ubuntu 9.04 導入作業 その1の続き。

音関連、キーボード設定、画面設定、印刷関連の作業を行います。

音関連

pulseaudioの削除

しばらく使ってみましたが、すぐに音がおかしくなりました。 pulseaudioをアンインストールすると安定するので、このまま使いたいと思います。 pulseaudioのアンインストールは、下記サイトを参考にしました。

トーテムポーる Ubuntu 8.10 で PulseAudio を システムから取り除く方法 http://youcharmanums.blog2.fc2.com/blog-entry-754.html

$ sudo apt-get remove pulseaduio*
$ sudo rm /etc/X11/Xsession.d/70pulseaudio 

その後、ALSAを使えるようにします。

$ asoundconf list
Names of available sound cards:
SB
$ asoundconf set-default-card SB

FFmpeg

以前に、Ubuntu 8.10でflv,mp4,swfから音楽を抽出で紹介したとおりにインストールします。

Easytag aac対応版

$ sudo apt-get install easytag-aac

課題: iPod

qtに依存する、Amarokを使いつづけようか迷っています。 qtが新しくなったので、Amarokの機能が減ってしまっているのが理由です。 gtkPodなど、他のアプリケーションも使ってみたいと思います。

キーボード関連

CTRLキーとCAPSキーを入れかえ

CTRLキーを「A」の横にします。

[システム]→[設定]→[キーボード]→[レイアウトのオプション]→[Ctrlキーの位置] 「At left of A」を選択します。 [flickr id="3479780525" thumbnail="medium" align="left"]

CAPSキーは元のCTRLキーの位置になっています。

画面設定

フォントが大きくて、1280×800の解像度では窮屈な感じがしますので、dpiの設定でフォントを小さくします。 [システム]→[設定]→[外観の設定]→[フォント]→[詳細] で、解像度を「96」から「80」に変更しました。

印刷関連の作業

Brother HL-5250DN

ネットワークプリンタとして使います。 8.10のときと同様、下記の手順で印刷できるようにしました。

Ubuntu上からHL-5250DNでプリントできるようにする : Verboseモードでいこう

EPSON EP-901A

同じくカラープリンタとして使うための設定をします。 8.10のときに設定したのと同じ手順で印刷できるようになりました。

Ubuntu LinuxでEPSON EP-901Aを使う(ネットワークプリンタ編) | 君のてのひらから


以上で、だいたい8.10と同じように使えました。 設定ファイルの引き継ぎなどは、Windowsに比べてもずいぶん楽ですね。

上でも書きましたが、Amarokに代わるiPod管理のソフトをどうするか、少しためしてみようと思います。